第4回長崎ハッピーフェスティバル

 

皆様、こんにちは。
長崎ハッピーフェスティバル実行委員の大津です。

先日、2014年1月11日(土)、12日(日)の二日間で行われました、こちらのイベント・・・
↓↓↓

1525737_671335459592071_925181622_n

 

今回の第4回長崎ハッピーフェスティバルのご報告をさせていただきます。

今回、初めてのDaysだったのですが、二日間を通して401名の方々(中学生、小学生以下を含む)にお越しいただき、今回もまたたくさんのハッピーマネーを東北へ届けることができました。

今回の募金額は、219,100円でした。

ご来場者の入場料全額と出展者、ワンコインセミナー講師様からの寄付、そして古本のお持ち帰りの際にいただいた寄付金を合わせた金額です。

早速、昨日、募金先の非営利活動法人パクト様へ連絡を取り、お振込みが完了致しました。

この場をお借りしまして、ご報告と御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

今回もたくさんのお客様にHappyを届けてもらうため、たくさんの仲間たちが集結♫

出店者同士でもセッションを受け合うなど、交流もしていただけたようで主催者としてすごく嬉しかったです!

会場の様子は、こんな感じです♥
↓↓↓

1011422_671329579592659_1589326328_n 994408_671329376259346_932167841_n

1557590_671331666259117_523213063_n 1480570_672459462813004_256480181_n

o0480064012815552335 1533824_671327856259498_1219535879_n

 

そして、今回のハピフェスでは、14:15~14:50に被災地現地リポートと黙祷の時間を設けました。

 

1日目:東日本大震災被災地支援団体 長崎Sip-S様
1520700_534390500001601_1268575967_n

「<被災地で受けた衝撃>私たちが初めて被災地を訪ねてみて、現地での活動を通して五感で感じたこと」という内容でお話していただきました。

 

2日目:山口薫 アーティスト名 Rue(るう)様

1601332_594958783892932_1596071741_n

「私は音楽家だが、音楽家としてではなく、ひとりの人間として被災地を応援してきた。その軌跡。」という内容で、お話とそして、演奏をしていただきました。
涙が止まりませんでした。一人ひとりが、いろんなことを想い、感じた時間だったのではないかと思います。

そして、黙祷の時間は、ただ静かに溢れる想いを感じる時間となりました。

その他、復興支援ブースでは、毎月11日に被災地を想い祈る為、集まっている福興カフェさんに気仙沼産のわかめや昆布やふかひれスープなどの商品の販売と、練キャンドルの体験、そして、奥松島生まれの「おのくん」の里親募集。長崎でもまだまだ、被災地のために活動している人たちがたくさんいて、心が奮い立ちました。

1552767_567560036655319_1235512223_n 1555419_570290186381334_1221701530_n

 

ご来場くださった方々へのアンケートを見ると、被災地のことをもっと知りたいという方、できることは少ないけれど、なんとか力になりたいという方々がたくさんいらっしゃいました。

今も被災地のために活動している方々をご紹介すること、その方々を通して被災地の今をお伝えすること、そして、自分たちに何ができるのか、いろんな支援の形を紹介していくこと・・・いろんな役割を期待されているのだなあ・・・と実感しました。

全てに答えるのは難しいけれど、出来ることから一つ一つ取り組んで、次回も楽しんでいただけるように精進します。

また、このイベントはすべて、出店者様の出店料と協賛者様からのご支援で成り立っております。

今回、協賛していただいたにも関わらず、フライヤーへの掲載が抜けてしまうという最悪なミスをしてしまったのですが、毎回不手際やご期待に添えずがっかりさせてしまうことも多く、反省は尽きません。改めてこの場をお借りして、お詫び申し上げます。

こんな未熟な私たちですが、10年は続けていこうと決意したこのイベント。

一つ一つ学び、成長していきたいと思いますので、また次回のハピフェスもどうぞよろしくお願い致します。

1604965_672237992835151_320748340_n

長崎ハッピーフェスティバル実行委員  大津真美(左) 濱田真理子(右)